◎10月18〜28日 5人展
『葉っぱや木のこと もりのこと』

22,23休


《出展作家》

東影美紀子(銅版画のアクセサリー・ミクストメディア)
zum Beispiel(葉っぱのステンドグラス)
1KO(革のブローチ)
金津沙矢香(硝子)
サノアイ(木工)






◎11月15〜25日 
坂井千尋(陶芸)+花松あゆみ(イラスト)2人展

もりの「あるいちにち」のこと
19,20,21休 12-19時OPEN

◎12月13〜23日 とくいあやさん個展


展示期間以外は基本的に金土日は営業(ツイッターをご確認ください)




◎2018年9月20日〜30日 企画展『祖父の人形のこと』



「90歳を過ぎてから103歳まで、原田栄夫が
ちりがみや紙粘土で作っていた人形の作品展です。
観察と創意工夫にあふれた不思議な造形物を、どうぞご覧ください。

※展示にあわせて、小冊子『祖父の創作ノート』を販売。

ーーーーーーーーーーーー
原田栄夫(はらだ ひでお)1914-2018.
大正3年、秋田県阿仁生まれの東京尾久育ち。
90歳を過ぎてから、ちりがみや紙粘土を使って
女の子やさまざまな動物など、独自製法の人形を作りはじめる。
今年5月末に亡くなる直前まで制作を続けていた。
最後の作品は「ハシビロコウ」。
趣味はカメラと植物。好きな食べ物はうぐいす豆です。.
(DMより引用)


※オニール原田芽さんの在廊日:20,23,24,29,30
(今展の企画者・原田栄夫さんのお孫さん)

◎ワークショップ2018

・8/24 木工家根岸さんの「ちいさな本棚づくり」
・8/25 サノアイの「ちいさな額づくり」電動工具使用編
・8/26「つばめのこと 株式会社 鳥編」つばめを作ろう!
・8/29 nomamaさんの「小さい機で織るねこの首輪」
・8/30,31 Jaco 鳥田奈津子さんの「筒描き染め」

→ワークショップの様子はインスタグラムにアップしています
「#もりのことワークショップ」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◎2018年5月31日(木)〜6月10日(日) 月火水休   12-19時
探検植物作家 二名良日展
「植物の輪のこと」


二名良日(ふたなよしひ)さんが日本各地で採取したさまざまな植物で作る「草輪」を展示します。
二名さんは、日本各地を飛び回り、子供たちとツリーハウスを造ったり、無人島生活をしたりする一方、野山の植物でダイナミックなリースを作る活動をしています。人呼んで、探検植物作家。
二名さんが作る植物の輪っかは「リース」という枠を飛び越え、植物の存在感や力強さがそのまま丸いカタチになっています。
素材となるのは、野生の草木、麦や稲、竹など。刈り込まれて不要になった枝、ツルなどを集めて束ね、締め上げます。
そして今回はチューリップの草輪もやってきます。
初めて二名さんの輪っかを見たのは数年前。
地面から生えているときと同じような生命力をもった植物の輪に驚きました。
植物がまるでそうなりたかったような感じがしました。
日本各地の植物を引き連れて旅をする冒険家、二名さんの「輪」。
生命力あふれる植物たちの世界をぜひご覧ください。


◎2018年6月28日(木)~7月8日(日) 月火休   12-19時

「モチーフとしてのこけし展」in KOKESHI EXPO 2018



- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
東北の郷土玩具「こけし」を知り、親しむ「KOKESHI EXPO」。
4回目となる今年は西荻窪の個人店4店舗(西荻イトチ、ウレシカ、にわとり文庫、もりのこと)で
それぞれの企画展を同時開催します。

初参加のもりのことでは、ものづくりや造形の作家がこけしをモチーフにした作品を制作し、展示販売します。
陶器、硝子、金属、木、布など、それぞれの感性や素材、技法からこけしにアプローチします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《参加作家》
オガサワラマサコ(陶)、尾形かなみ(硝子)、COZY FACTORY(木と切り絵)、柴田菜月(陶)、
清水直子(陶)、Jaco 鳥田奈津子(筒描き染め)、永井佳奈子(金工)、和田治男(木彫)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《ごあいさつ》
なんとなく『こけしブーム』といわれていたものが少し落ち着いてきたように思われるこの頃。「こけしって流行ってたよね」なんて言われてしまわない為にも、今年もKOKESHI EXPO は開催します。
こけしに流行りはありません。こけしにあるのは変わらない微笑みだけです。今年も各館いろいろな角度から、こけしを知っていただけたらと思います。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。(文責:西荻イトチ)

企画協力:西荻イトチ、ウレシカ、にわとり文庫、もりのこと



◎2018年4月19日(木)〜29日(日) 12-19時 23.24休

『つばめのこと』

〜つばめにまつわる作品展〜

— — — — — — — — — — — — — 

昨年に引き続き今年もやります、「つばめのこと」!

今年も豪華な出展者に加え、昨年つばめの飛び出すカードを出展してくださった
イラストレーターのユカワアツコさんがつばめに関する豆知識を集めた小冊子を制作販売されます。
展示を通し、つばめが今年もやってくる喜びを分かち合えましたら幸いです。

出展:
・田中遼馬さん(陶)
・Akanebonbonさん(紙の箱)
・日下華子さん(陶)
・ユカワアツコさん(小冊子「ツバメものしり帖」












◎2018年3月17日(土)〜25日(日)

『春の庭先のこと』


— — — — — — — — — — — — — 

3人の女性作家による春の庭をテーマにした作品展
出展:
マカベアリスさん(刺しゅう)
今城晶子さん(金工)
中野由紀子さん(硝子)












◎2018年2月1日(木)〜12日(月) (12-19時)5,6休

『君と暮らせば』

〜ちいさないきものと日々のこと〜

— — — — — — — — — — — — — 




出展:

新橋佑紀英さん(陶)

涙ガラスさん(硝子)

片桐水面さん(絵)

渡辺尚子さん(冊子)



ーーー


いきものとの暮らしは、


さもない毎日が楽しいし、


いなくなってからもまた、


思い出すことがたくさんあって、


良いものだと思う。


(冊子より引用)


ーーー






一緒に暮らすちいさないきもの。


犬や猫や亀…ちいさいけれどとても大きな存在です。


出逢って暮らしてお別れして…


いろんな方のちいさないきものとの愛おしい日々をのぞかせてもらう…そんな企画展です。


新橋さんの絵付けの陶器、
涙ガラスさんのアクセサリー、
片桐さんの絵、
どの作品もそれを見る人、持つ人、その時々によって意味合いが変わってくるように思います。
どの方の作るものも、それを持つひとの心に深く浸透してくものばかりです。


また、ライターであり編集者である渡辺尚子さんには一冊の「本」を編んでいただきました。
15名の方に「ちいさないきものとの日々」を綴っていただき、
挿絵は片桐水面さん、デザインは信陽堂・丹治史彦さんが引き受けて下さいました。



2018年1月12〜21日
『オールスターもりのことはじめ』 
出展:マカベアリスさんzumBeispielさん1KOさん前川幸市さん関美穂子さん柴田菜月さん金子佐知恵さんなどなど

2017年12月6日(水)〜17(日) 

個展 出口かずみ  小人カレンダー展 
西荻イトチさんとの合同展示 

2017年11月1日(水)〜12(日) 「どんぐりのこと」 
出展作家/染色工房たかいさん、花松あゆみさん、山元かえさん 

【連動企画:11月3日 樹木医 岩谷未苗さんのトークイベント 

2017年10月6日(金)〜15(日)
個展 とくいあや 「あのもりのこと」


2017年6月1日(木)〜11(日) ※会期中月火休
企画展『花とみつばちのこと』




出展作家:
1KO(革/アクセサリー)
zum Beispiel(葉っぱを使ったステンドグラス)
金子佐知恵(陶芸)
&はちみつの販売

◎花や植物をモチーフにした3人の作家による作品展です。
ブローチやうつわ、花びんなど、清々しい作品が並びます。
会期中は国分寺や三浦などで養蜂を営む川澄雄司さんのはちみつを販売します。
みつばちたちが集める花の蜜は
季節やその土地の風土、環境を映し出します。
【連動企画トークイベント】
6月4日:西荻で養蜂をされている山口朝さんのお話会
「ハチミツのこと、ミツバチのこと」






企画展『つばめのこと』

2017年4月5日(水) - 16(日) ※会期中月火休
12:00-19:00

ユカワアツコ(イラスト)
にしおゆき(陶人形)
坂井千尋(陶芸)
マカベアリス(刺しゅう)



春を告げるつばめの飛来時期に合わせ、
普段から鳥をモチーフにした作品を作られる
4人の作家さんにつばめにまつわる作品展をお願いしました。
様々な物語りを喚起させる4人のつばめを
ぜひご高覧ください。

つばめの営巣数が減少していると言われる昨今、
作品展を通し「つばめのこと」を共に知る機会になりましたら幸いです。



クラブについて



東京の西荻窪にある
木や 植物・動物にまつわるもののお店です。

木工作家サノアイが運営しています。
2016年11月にオープンしました。

自分で製作した木のこものの他に、他の木工作家さんの作品や

動物の絵柄の陶器や皮のコサージュ、
味わい深い型染め作品などをお取り扱いしています。



お店のロゴ「猫のきこり」は
イラストレーターの花松あゆみさんにお願いしました。
物語りを感じさせる絵に助けられています。


クラブについて

○店のひと/サノアイ
三重県鈴鹿市生まれ。東京・西荻窪在住。
木の小ものの制作、展示販売をしています。
職業訓練校木工科修了後、
家具作家根岸宏行主宰の家具工房レーベンへ

いろんな生物、植物がいて「森」が成り立ちます。
「もりのこと」もいろんな要素が集まってひとつの「もり」になります。
植物のこと、動物のこと、
こつこつと作り続けるひと。
知らないことが沢山です。
「森」に少しでも近づけるよう
勉強していきたいと思います。


○ときどき店番するひと/根岸さん
我が師匠根岸さん。興味は木のこと、家具のこと、
哲学のこと

○ときどき店番するひと/堀内さん
たまに消しゴムはんこ彫ったり、お餅をついたり、
ほうとうを作ったりするひと、通称ホリビッシュさん


冊子「ちいさないきものと日々のこと」
のお求めはコチラ

2018年 6月17日(日)
14:30-16:30

講師:林将之さん
「葉っぱで見わける樹木講座」
詳細はコチラ
+ + + + +


2018年 4月7日(土)
10:30-12:00

家具工房レーベン
根岸宏行さんのお話会
「木が家具になること」


+ + + + +


2018年 3月31日(土)
午前10:30-13:00
午後14:00-16:30


「マカベアリスさんの
植物数字のリネンバッグ」
満席
+ + + + +


2018年 1月28日(日) + 2月17日(土)午前

click


「伊野妙さんのくつ下編み」
※2回でひとつのワークショップです
満席
+ + + + +

終了したワークショップ


◎2017年1月28日(日)+2月17日(土)


「伊野妙さんの帽子編み」
※2回でひとつのワークショップです
終了
- - - -

◎2017年11月19日(日)+12月3日(日)


「伊野妙さんのくつ下編み」
※2回でひとつのワークショップです
終了
- - - -

◎2017年9月24日(日)

「はちみつの食べくらべと
蜂屋・川澄さんに聞く
そのちがいのワケ」
終了
- - - -

◎2017年9月3日(日)
nomamaさんの
「小さい機で織る
いろどりストラップ」
終了
- - - -
◎2017年9月2日(土)
サノアイの「ミニ額」
終了
- - - -
◎2017年8月20日(日)
木工家・根岸宏行さんの
「ケイタイスタンド」
終了
- - - -








- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

展示会期以外の営業
金土日
12-19時

営業日は
twitter や
インスタグラムでご確認下さい


住所/東京都杉並区西荻北4-9-3

(JR中央総武線西荻窪駅北口から8分)



お問い合せ/robo*sano3.net

(*を@に変えて下さい)




※カードはご使用いただけません


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



(クリックで拡大)